USB-DAC基板 Libra-32 バランス駆動ヘッドフォンアンプ 部品実装済

型番 UDHA-LIBRA32-ASS
定価 24,600円(税込)
販売価格
20,400円(税込)
購入数

商品説明

「Libra-32」はバランスの入門機器として最適です。
バランスにも手を出してみたいけれど、高価なのでなかなか踏み切れない方にお勧めです。
また、OPAMPなどソケット実装で部品による音質の変化を楽しむ事が簡単になっており、
まずはOPAMPを交換して楽しんでみてはいかがでしょう。
上級者は、出力段の抵抗を変えたり半田付けしながらキット感覚で楽しめます。
コンデンサは、太い径のタイプも搭載出来る工夫もしてあり、
お好きなタイプの部品を取り付けてお楽しみください。


マニュアル

 マニュアルを公開しております。
 下のボタンからダウンロードしてください。



回路図・部品表

 回路図・部品表を公開しております。
 下のボタンからダウンロードしてください。




LED表示
サンプリングレート 32K/44.1K/48K/88.2K/96K 各レートに対応したLEDが点灯
解像度 24/32bit 24/32bit時:点灯 16bit時:消灯
再生 PLAY 再生時点灯



DSD再生
  Libra基板上のUSB-INFにて、DSD=>PCM変換を行ないます。
  WindowsでDSD再生を行なうためには、専用のドライバーが必要になります。
  詳細は、インストール手順書「DSD_install.pdf」を参照願います。







ヘッドフォンの改造

・ケーブルから自作

 ミニプラグ3.5mm
 ヘッドフォン改造例をご参考にしてください。


・ケーブルなど市販品で販売している物は有りますか?

 HiFiMAN用イヤホン・ヘッドホンケーブルが利用出来ます。
 ・HM-901用バランス接続イヤホン(3p変換可能)
 ・HM-901用 4極バランス接続ヘッドホンケーブル(HE-シリーズ用)
  HiFiMAN ホームページ
 ケーブルは フジヤエービックス でも販売しております。
 市販品は高価なので「Libra」でご使用なさるなら自作をお勧めいたします。

・キャノンコネクタ

 コネクタをキャノンに交換することが出来ます。
 半田コテを使用して元から付いているコネクタ(J4,J5,J6)を取り外します。
 お客様でご用意して頂いたキャノンコネクタを取り付けてください。
 基板に合うキャノンコネクタ
  型番   : NCJ6FI-H
  メーカー : Neutrik



Libra-32 仕様


USB-INF SA9027  
DAC PCM5102  
入力端子 デジタル入力 USB USB-B
アナログ入力 ステレオミニプラグ3.5mm 1個
出力端子 ヘッドフォン バランスOUT 3極 x 2本   ステレオミニプラグ3.5mm 2個(1組)
ヘッドフォン バランスOUT 4極 x 1本 4極ミニプラグ3.5mm 1個
周波数特性 20Hz 〜 100kHz  
全高調波歪 0.009% 定格出力 -3 dB、32Ω、1 kHz、バランス
S/N比 103dB  
ヘッドホン定格出力 55mW×2ch 32Ωバランス駆動時
電源電圧 DC +5.0V USBバスパワー
消費電力 2W (400mA) 以下  
基板外形寸法 130mm x 90mm x 41mm ( W x D x H )  
重量 245g  
対応パソコン USBポートを搭載したWindows PCまたはMac  
フォーマット USB Audio Class 1.0準拠  
対応OS Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、MacOS X 10.6以降 ※Windowsは、32ビット/64ビット両対応
解像度 Linear-PCM 32bit/24bit/16bit  
サンプリングレート 96kHz/88.2kHz/48kHzkHz /44.1kHz /32kHz(2ch)  
DSD再生 2.8224MHzを88.2kHz/32bit PCMフォーマットソフト変換  ※Windowsのみ
PCMフォーマットハード変換  Libra-32基板上

改造も思いのまま!!

改造例は Libra-32 ヘッドフォンアンプ 改造レポートをご覧ください。


ご不明点はお気軽に Libra専用メールまで お問い合わせください。
音が鳴るまでお付き合いさせて頂きます。


グループから探す